クレジットカードのサービスが無用に感じる…そのような考えが浮かんだらクレジットの使用取りやめの手続きをしてしまいましょう。わざわざ定義など無用だと思うが、カードの使用不可能化とは本人が持っている当のカードを完全にお店などに赴いても購入手続きが出来ない状態に戻してしまうことを意味します。この文章でクレジットカードの使用を取りやめる手段から機能停止の要点などをわかりやすく詳しく説明してみました。この一節をざっと把握して頂ければ機能停止における心配をすっきりと取り除いてもらえるに違いないと思っています。単刀直入に言うことになりますが不要になったカードを退会する仕方は思いのほか早く済みます。「カード会社にいっぺん加入したら思い通りに無効化するのは大変ではあるまいか」?」という懸念や「カード会社の解約のやり取りが大変な感じがする?」という風に思い込んでしまう使用者も多数いるという話だと聞いているが、拍子抜けすることにクレジットカードの裏面に印刷のある会社の受付け窓口に電話をしてクレジットカード機能停止の意思を言うことさえすれば楽ちんで契約解除が可能(ほとんど3分ほどの通話で)。クレジットを作り入会手続きをする際はものすごく煩雑だったけれども契約解除のやり取りは数分の電話だけ?などと肩すかしにあって固まってしまう人もいるでしょう。嘘偽りなく解約手順は簡単に終われるのでしょうか?もちろんである。クレカの無効化の手順は特別な場合を考慮に入れなければ、退会のために取り寄せなければいけない書面も不要な上にねちっこく粘られるようなこともないでしょう。全く一度「使用中の□□カードのサービスを契約解除するにはどうすればよいでしょうか・・・」などと受話器の向こう側の係の人に直接伝えることが出来れば大丈夫です。実は、知人も今までに10枚を越えるほどの機能停止するために電話し続けてきたものの、ひとたびたりとも使用不可能化に関して当惑したような場合はまずないからこういった点は必要以上に考えないで欲しい。知り合いを通じて聞いた、誰かが実際に体験したという噂では無効化を依頼してみたらやめる事情に関して質問されるという事例が存在したらしいのですがサービスクオリティの調査のようなすぐに終わる会話だったようで、留意される手間も知る限りないと言っていました。たとえ理由を尋ねられたということになっても焦ることなく『使う理由がなくなったと思うから』や『違う会社のクレジットサービスの広告を見たら活用できそうだと思ったから』などと説明すれば問題ありません