車を手放す時や、それから車両の処分の時も印鑑証明がなければなりません。クレジットカードおすすめ

この印鑑証明という書類について説明しましょう。

印鑑証明というのは、ある印鑑に対して、それが実印であるという事実を証明する目的の書面です。

この印鑑証明がないとその印鑑について実印であるという事実が保証できません。

大金が動く取引になる該当する車の売却なので実印が必要になることになりますがそれとセットで印鑑証明という書類が必要となるのです。

印鑑証明という書類を実際に発行するには事前に印鑑証明する必要があります。

印鑑証明に登録する印鑑は正式には実印と呼ばれ、唯一無二のはんこでなくてはなりません。

印鑑を手配して、近所の役場の担当部署へいけば、印鑑登録をすることができます。

印鑑登録の手続きをすれば印鑑登録カードが発行され、登録が完了した印鑑は実印になったということになります。

印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を交付してもらうには、役所の受付へ行き、専用の用紙に必要項目を記載して、印鑑登録カードを持って行く必要があります。

それから自動交付機で印鑑証明の書類を発行することができます。

印鑑証明には期限切れなどはありません。

ですからどんなに前の印鑑証明であっても印鑑証明としての効力は半永久的に持続するということになります。

しかし、中古車買い取り時には、印鑑証明は3ヶ月以内に発行された書類とされています。

基本的には有効期限を気にする必要はないのですが、車両の買い取りの時は、相手側が有効期限を設定していますので、仮に愛車の売却予定の車がある場合はあらかじめ用意しておくとよいでしょう。