FXの面白さは、単一の金融商品あるが、お金を掛ける期間を「短期」「中期」「長期」という3つの中からどの種類を選定するのかによって出資の手法が異なるところにあると言います。1番目に外国の貨幣へ投資の「長期スタンス」を見てみましょう。長期投資というのは一年以上の長期出資を想定しているものです。基本的に為替のレートで、一年以上先々の為替レートは円高でしょうか、反対に円安だろうかを推測することは、多くは困難だと思います。ほとんどのケースでは、「それほど先の未来のことは考えられない」と思うのが実際のところなのです。予想もできないことを頭を使って予想しようにも無駄な行為です。ですから外国の貨幣を買った場合、その時の価格よりも円高だとしてもしばらく経てば円安に戻るだろうという程度のイメージで取引に臨むのが良いと思います。為替の差益を無理に目指すよりも他の収益、言い換えればスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)を大きくすることを最初のゴールとして出資してみましょう。無論、短期的に為替差損に損失が大きくなることがあります。したがって、こんなマイナスがあっても耐えうるよう、レバレッジをできるだけ少なめにトレードすることがポイントです。FXは、為替差損が一定範囲以上大きくなると、追い証(追加保証金)を求められたり、あるいはロスカットになったりします。ストップロス(ロスカット)がかかったら即座にトレードを打ち切りしなければならず、長期の投資は厳しくなります。この種のリスクを避けるには、レバレッジ2?3倍に設定して取引するのがベストです。第二に中期のケースのトレードを考えてみましょう。中期スタンスの場合、一番長くても1?2ヶ月程度先を推測してのやり取りになります。為替のトレードの際、だいたい1ヶ月ほど先のことはある程度想定可能と言われます。G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)のような国際会議であったり、市場参加者がどういう問題に着目しているかを聞けば、ある程度、先読みできると思います。上記のように経済情勢を見ながらもチャートを見ることで為替のレートの変動をわかるようになり、買いポジションか売りポジションかを判断する方がいいと思います。基本的に経済の基礎的条件とテクニックの両面で良い感じであり、あるいはどちらも買い傾向が同様の時はほとんどのケースではジャッジした通りに動いていくと思って間違いありません。その際は持ち高を増やすことで大きい儲けを狙っていけるのはほぼ間違いないでしょう。最後に短期のトレードの要点です。この短期のスタンスが示しているのは、つまりはデイトレのことを言っています。為替市場で日計り取引をする際経済の基礎的条件は全然絡んでいないと思います。翌日の為替のレートの変化にファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は関係がないからです。この時の、最大のポイントは大規模な催し物がある際、それに影響されて為替相場がかなり動く時を見落とさないよう行動しましょう。例を挙げるとアメリカにおいて雇用情勢が公布される、ないしは金利政策等により制作金利が変化するほどのイベント。こういったタイミングに変動をものにするとの意味合いから、短期スタンスでは様々なものが必須となる。