どこにでもある初心者用のFX投資の教科書では、「損失が生じた場合はナンピン買いをすることによって全体の買い付け価格を小さくする」等とアドバイスしているが、実際はそこには罠があります。広島市中区

とりあえず、ナンピンのやり方に関して易しく説明しておきます。ロイヤルチーパー 通販

仮定として1ドル100円でドルを買ったとする。ミドリムシ サプリメント ランキング

ドル買いですから円安になればなるほど黒字が出ますが思っていたのとは逆に1ドル=95円まで円高ドル安方向に向ったとします。運動不足解消 ステッパー

このままの状態で所有し続けたら損がなくなるまでには損した分円安ドル高が進まなければなりません。アソコがかゆい

投資家であれば、損失は早急に無くしたいと考えるでしょう。通販 ベット 何処が良い

そこではじめに売買したのと同じ量の$を1ドル=95円で買います。フィット 買取価格

そうすると、平均の単価は97円50銭まで抑える事が出来ます。ラフィネ

すなわち、2.50円の幅でドル高が進行すれば、損失を失くすことが出来ます。http://www.arginetix.com/

こういったことがナンピン買いのロジックだ。ローズベリーカラコン

このとおり、ナンピン買いの理論を耳にすると、「ごもっとも」という風に思うが相場はそう簡単には上手くはいきません。

だいたい、95円が下限だとということなど、なんびとも想像できません。

為替相場が強い円高ドル安基調であれば1ドル=95円では下げ止まらずに一段のドル安に進む確率は高くなります。

ひとつの例として、1ドル=97.50円でナンピンをして1ドル95円まで円高ドル安になっとしたならばナンピンをした分についても為替差損が生まれてしまいます。

こういう状態では最初にエントリーしたドルと同時に、更なる為替差損を被ることになります。

このように、ナンピン買いは難解です。

それならば、外国為替市場が己の台本とは逆の方向にすぐに行ってしまった場合、いかなるやり方で危機の確率を回避すればいいのでしょうか。

選択する手段は2つしかありません。

ひとつは覚悟を決めて、損切りをすること。

別の方法としてはあなたが持っているポジションを小さくする事でもう一度マーケットがリカバリするのを待ち望むことです。

相当後ろ向きな術だと思う方もいます。

だが、自分のポジションに為替差損が生まれた時一番危険の少ない方法はこの他にはないです。

当然、考え方としては、ナンピン買いするという方法もあると思います。

しかしナンピン買いは、自分が損失を出している状態で買いポジションを減らすどころか、それとは反対にポジションを買い増していく手段です。

それでは、危機を削減することなど、到底無理だと考えるべきです。

ナンピンを続けられればいつかは儲けが出るかもしれません。

だけど、その前に資金がショートしてしまいます。